大血管手術

大血管手術

胸部あるいは腹部大動脈に対する手術です。動脈硬化その他変性疾患などの原因により、血管の壁が弱くなり拡張した状態(大動脈瘤)、あるいは血管の壁が内側で裂けた状態(解離)となった場合、破裂や大動脈の枝の閉塞を招く危険性があり、手術が必要となることがあります。待期手術(予定手術)の場合もあれば、既に破裂している時、急性解離の場合には、緊急手術を要することもあります。
手術は主に人工血管での置換術あるいは修復を行います。最近では、疾患によっては血管内治療(胸や腹を切らずに脚の付け根の動脈等よりカテーテルを直接病気の血管内に入れて行う治療)も可能になっていますが、現在のところ、限られた施設(病院)でのみ行われており、当院では対応ができません。しかし、近い将来、当院でも可能にしていきたいと思っています。