どんな効果があるの?

慢性呼吸不全と在宅酸素について、よくあるご質問

酸素を吸う事によってどういう効果があるのですか?
在宅酸素療法の医学的効果として、次の四つがあげられています。
  1. 生存期間の延長 日本の厚生省呼吸不全調査研究班の全国調査でも酸素吸入をした人の方が余命が長いことが証明されています。
  2. 運動能力の改善 体動時酸素を吸入する事によって血液中の酸素濃度が保たれ、運動能力が増します。
  3. 入院回数の減少 肺炎や心不全を起こして入院する回数が減ります。
  4. QOL(生活の質)の改善 運動能力の改善により今までできなかったことができるようになり、充実した生活が送れます。