28.きのこのチカラで健康維持!

 一年を通して安価に手に入るきのこですが、天然物の旬は晩秋から初冬と言われています。歯ごたえのある食感が特徴的なきのこですが、なかには「栄養なんて入っていないんじゃないの?」と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。けっしてそんなことはありませんので、今回はきのこの成分と働きについてお話したいと思います。



○きのこに豊富な成分って?


1.食物繊維


 野菜や海草などにも含まれる成分で、便通の改善や血糖値の上昇を緩やかにしたり、コレステロールの排泄を促す働きがあります。


2.β(ベータ)‐グルカン


 食物繊維の一種で免疫力を活性化させ、細菌やウィルスからの私たちのからだを守る働きがあります。近年ではがん細胞の増殖を抑える効果についても研究が進められているそうです。


3.ビタミンD


 骨や歯の成分として知られているカルシウムの吸収を助ける働きがあります。日光にあて、乾燥させた干しいたけなどに多く含まれています。


 


 多くの成分を含んだきのこは健康維持のために欠かすことのできない食材の一つです。汁物や炊き込みご飯はもちろん、炒め物や煮物、和え物などどんな料理にも相性が良いのも特徴です。良く噛んで食べることで食べ過ぎを防ぐことも期待できます。


 食欲の秋に向け、旬を迎えるきのこで食べ過ぎを防ぎ、健康なからだを維持しましょう!



                                                                               管理栄養士 中島康一