脳神経外科

目的

【一般目標】GIO

脳神経外科領域における基本的疾患の診療技術を身につける

【行動目標】SBO

  • 1年次目標
    • 神経学的理学所見の取り方の習得
    • ベッドサイドでの患者管理の基本を習得
    • 主な画像診断(CT、MRI、DSA等)の基本的読影技術を習得
    • 脳血管撮影、腰椎穿刺、脳圧測定法などの検査手技の基本技術を習得
    • 穿頭開頭術(慢性硬膜下血腫、脳室ドレナージ)、髄液シャント、大開頭・閉頭法などの手術手技の習得
  • 2年次目標
    • 神1年次習得技術のレベルアップを図る
    • 脳神経外科基礎知識のまとめ(教科書レベル)、学会発表
    • 表在性脳腫瘍摘出術、頭蓋内血腫除去法(高血圧性脳出血、外傷性頭蓋内血腫)等の手術手技の習得
    • 顕微鏡手術手技の習得
  • 3年次目標
    • 1、2年次習得技術のレベルアップを図るとともに後輩の指導も行う
    • 興味ある分野、テーマでの研究、学会発表
    • 脳動脈瘤や深部腫瘍等の手術手技の習得

1-3年次を通じて患者さん、ご家族、他職種スタッフとのコミュニケーション能力向上を図る。

研修日程

後期臨床研修プログラム ローテーション例

通年4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年脳神経外科
2年神経内科脳神経外科
3年脳神経外科

外来病棟業務手術病棟業務外来当番制
午前病棟業務病棟業務手術
病棟業務
病棟業務病棟業務

診療科の概要

  • スタッフ
    日本脳神経外科学会専門医 2名、専門修練医 1名
  • カンファレンス
    抄読会(神経内科と合同)、症例カンファレンス、術前カンファレンス
  • 手術 年間 約120例
    脳動脈瘤(クリッピング)、脳腫瘍摘出術、高血圧性脳出血(定位脳手術を含む)、外傷性頭蓋内血腫(慢性硬膜下血腫を含む)、虚血性疾患、脳室腹腔シャント など

施設認定

日本脳神経学会修練施設B

指導責任者

塚田 晃裕(脳神経外科部長)
日本脳神経外科学会指導医