腎臓内科

目的

【一般目標】GIO

腎疾患の診断と治療を習得することにより、病態および治療に関する最新の知識の理解を深め、腎臓を通して「全身を診る」および「チーム医療」を実践することができる腎臓専門医を目指す。

【行動目標】SBO

  • 1年目
    腎・透析センターにおいて透析患者の診察・指導と腎臓内科および一般内科患者の診察・指導を指導医の指導のもと行うことにより、認定内科医取得に必要な症例を経験する。
  • 2年目
    腎・透析センターにおいて透析患者の診察・指導と腎臓内科患者の診察・指導を指導医の助言のもと行うことにより、専門医取得に必要な知識の習得を目指す。また、初期研修医に対する指導を行う。
    学会地方会において発表を行うとともに、論文作成のための症例を準備する。
  • 3年目
    腎・透析センターにおいて透析患者の診察・指導と腎臓内科の患者の診察・指導を自分一人で行うことができ、専門医取得に必要な手技の習得を目指す。また、初期研修医に対する指導責任者として積極的な指導を行う。
    学会総会において発表を行うとともに、論文を作成し投稿する。
  •                     
  • 4年目
    引き続きスタッフとして専門医習得を目指す。または大学院に進学し博士号取得を目指す等、3年目修了時点で、個人の希望を最大限に取り入れられるよう相談し進路を決定する。

取得可能な資格

  • 日本内科学会認定内科医(最短で4年目に取得可能)
  • 日本内科学会認定内科医取得後3年で総合内科専門医受験資格
  • 日本内科学会認定内科医取得後3年かつ日本腎臓学会会員5年以上で日本腎臓学会専門医受験資格
  • 日本内科学会認定内科医かつ臨床経験5年以上(初期研修医1年目は除く)で日本透析医学会専門医受験資格

経験できる疾患・手技・手術

  • 腎疾患一般(腎炎、ネフローゼ、腎不全)、糖尿病、膠原病、高血圧、中毒、水電解質異常、酸塩基平衡障害、腹部エコー、エコー下腎生検、血液浄化法一般、ブラッドアクセス用カテーテル挿入、内シャント造設術、シャントPTA、腹膜透析カテーテル挿入術等

研修日程

腎臓内科後期臨床研修プログラム ローテーション例

通年4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年腎臓内科・一般内科
2年腎臓内科
3年腎臓内科

腎臓内科
抄読会
内科合同
抄読会
午前病棟業務腎臓外来透析センター透析センター腎臓外来内科当番制
透析センター
交代制
午後手術
(内シャント造設)
検査
(腎生検など)
病棟業務病棟業務病棟業務
夕方透析センター内科合同カンファレンス
腎臓内科症例検討会
透析センター
交代制
  • 勉強会
    水曜日朝:内科合同抄読会、水曜日夕方:内科合同カンファレンス
  • 学術活動
    日本腎臓学会、日本透析学会、日本内科学会およびこれら学会の地方会へ積極的に参加するとともに、研修期間中に2回程度を目標に発表を行う。
    学術誌に論文を投稿する。
  • 評価
    指導医との定期的な面談による評価
    内科学会認定医の資格取得
    日本腎臓学会、日本透析医学会等専門医研修カリキュラムに従った達成目標の確認

認定施設

  • 日本内科学会認定医教育施設
  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本透析医学会認定施設

指導医

洞 和彦(院長)
(日本内科学会指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医)
南 聡(腎・透析センター長、腎臓内科医長)
(日本内科学会認定医、日本腎臓学会専門医、日本透析医学会専門医)

責任者コメント

 腎臓内科は腎臓病一般にとどまらず、糖尿病、高血圧、高脂血症、自己免疫疾患、中毒、水・電解質および酸塩基平衡障害なども守備範囲となります。腎臓は体の鏡といえる臓器であり、常に、どうして腎臓を患ったかを考えていかなくてはならないからです。腎臓内科は腎臓以外に全身をしっかり診ることが要求され、内科医として非常に魅力のある科といえます。また、腎臓内科医は血液浄化療法一般についても精通しておく必要があります。慢性透析患者の診察、ICUやCCUでの急性血液浄化法は日常業務となります。
 当科での後期研修で腎臓内科医として必要な知識と技術を習得していただければ幸いです。