精神科

目的

【一般目標】GIO

精神科医を志向する医師に対して3年間の後期研修を設ける。一般の精神疾患の外来、入院加療を行う。総合病院であるため精神科救急、リエゾンコンサルテーションは当然、反面長期の患者も多数入院しているため、身体合併症を含めた急性期、及び慢性期の患者を診られる事が当科の特徴である。加えて地域との協力、連携等も要する。

【行動目標】SBO

他科にローテションを希望する研修医については本人の希望を最優先する。
他の医師と同様に臨床業務を行うが必要に応じて適宜指導を行う。
学会発表、参加等に対してバックアップを行う。
精神保健指定医の資格取得のための症例を経験する。

指導責任者

古田 康(精神科医長)
精神保健指定医