小児外来

どんな病気を治療するの?

小児外科診察イメージ小児外科とは一般的には、0歳から15歳までの小児に対して外科的な治療を行う専門科です。具体的な病気としては、小児ソケイヘルニア(いわゆる脱腸)、小児虫垂炎、停留精巣、腸重積症、肛門周囲腫瘍、痔疾患(いぼ痔や切れ痔)などの日常的外科疾患から、生後すぐに手術の必要とされる新生児外科疾患や、小児期の悪性腫瘍などです。また、ほとんど手術的治療は必要ありませんが、こどもたちの便秘も小児外科で診察することがあります。

小児外科を受診するにはどうすればいいの?

当院の外科外来で小児外科診療を行っておりますので、外科外来を受診してください。尚、曜日等の条件もございますので、一度外科外来にご相談下さい。

お問い合わせ
〒383-8505
長野県中野市西1丁目5番63号
JA長野厚生連 北信総合病院 外科外来
Tel.0269-22-2151(代表)
Fax.0269-22-2426
お問い合わせフォームはこちら