about病院について

診療科一覧

消化器内科

基本方針

消化器疾患全般の診断、治療を行っています。
総合診療科、内科系各科、外科、放射線科など関連各科とも協力し、救急から慢性疾患まで広く対応しています。

特に外科とは週1回の合同カンファレンスを行っており、症例ごとに治療法を検討しています。

学生、研修医、若手医師の教育にも力を入れています。

診療の概要

1.上部消化管
  • ドック、二次検診ともに最新の機器で検査をしており、精査では基本的に拡大機能を搭載したスコープで観察し、必要に応じて超音波内視鏡も使用しています。
  • 食道・胃のESDや消化管ステント留置術、内視鏡的胃瘻造設術は日常的に行っています。
  • 消化管出血や異物除去などの緊急内視鏡にも対応しています。
2.下部消化管
  • 全例で拡大機能を搭載したスコープで検査を行っており、色素染色を併用する精査も同時に行うことができます。
  • 大腸EMRは検査と同時に行うことにも対応しています。
  • 大腸ESDや消化管ステント留置術は日常的に行っています。
  • 消化管出血などの緊急内視鏡にも対応しています。
3.肝疾患
  • 肝生検等による肝疾患の診断を行っています。
  • ウイルス肝炎に対する抗ウイルス薬治療も積極的に行っています。
  • 肝癌に対する肝動脈塞栓術、経皮的ラジオ波焼灼術、抗がん剤治療などを行っています。
4.胆膵疾患

総胆管結石や胆道癌、膵癌による閉塞性黄疸に対する内視鏡治療を行っており、緊急治療にも対応しています。

5.炎症性腸疾患

5ASA製剤、ステロイド、生物学的製剤、免疫抑制剤などを適切に使用しています。

6.癌治療

化学療法、局所療法、手術、放射線療法を他科とも連携し、カンファレンスで検討しつつ、対応しています。

診療実績

平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
外来延べ患者数 10,637人 10,141人 11,554人 11,548人 12,450人
入院患者数 880人 793人 926人 1,161人 1,435人

担当医師

山本 力(副院長 兼 消化器内科部長 兼 消化器センター長)

日本内科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
厚生労働省緩和ケア研修会修了

小林 聡(消化器内科医長)

日本内科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本ヘリコバクター学会認定医
厚生労働省緩和ケア研修会

久保田 大輔(消化器内科医長)

日本内科学会認定内科医
厚生労働省緩和ケア研修会修了

馬場 幸恵(消化器内科)
中村 直樹(消化器内科)