about病院について

診療科一覧

精神科

基本方針

統合失調症・気分障害などをはじめとする様々な精神疾患に対応すること、有床総合病院として身体合併症を有する精神疾患や認知症の周辺症状にも対応することを診療目標とし、地域社会の精神医療に貢献します。

診療の概要

  • 統合失調症やうつ病などに対して麻酔科医の協力のもと「電気けいれん療法」を行っています。
  • 外来作業療法・デイケアといったリハビリや精神科訪問看護介入により、再発や再入院の予防をしています。
  • クロザリル使用が許可されており、治療抵抗性統合失調症に対応しています。
  • 「アルコール依存症回復プログラム」入院を導入し、院内断酒会を開催しています。
  • 緩和ケアチームの一員として、がん診療における精神医学的な対応をしています。
  • 臨床心理士と連携し、認知行動療法やEMDRを行っています。
  • 脳神経内科と連携し、もの忘れ外来を中心に認知症の診断や地域と連携をしています。
  • 身体科における「せん妄」に対応しています。

診療実績

平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度
外来延べ患者数19,627人19,796人20,401人20,168人21,422人
入院患者数119人136人167人166人171人

担当医師

山本 和希(精神科医長)

日本精神神経学会専門医・指導医
精神保健指定医

長田 亮太(精神科)