about病院について

HOME 病院について 令和元年度 JA長野厚生連北信総合病院 病院指標

病院について

令和元年度 JA長野厚生連北信総合病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数58212413618427039790715041436558

退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。
70歳以上が全体の57.4%で、うち70歳代が一番多いです。
20代以下は全体の13.8%です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし2225.8220.840.0081.36
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし2021.6512.580.0083.70
180040xx97x1xx手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等21あり1931.1632.8715.7973.63
030400xx99xxxx前庭機能障害 手術なし173.715.010.0067.24
110280xx02x00x慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし1419.298.487.1471.50

“慢性腎臓病疾患において、保存期から透析器まで切れ目のない総合的な管理をし、透析患者さんの内シャントの管理においては、 心臓血管外科、放射線科と連携し、治療を行っています。
慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、急速進行性糸球体腎炎の病因を腎生検により診断し、治療を行っています。
心不全、間質性肺炎、肺炎、尿路感染症などからの敗血症で重篤な状態を管理するために必要な血液透析や持続血影濾過透析にも対応しています。”

脳神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060×2990401脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は22021.2516.1345.0076.80
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし2029.5520.8415.0079.10
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし1922.5812.585.2686.47
010060×2990201脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は21614.0016.166.2573.50
010230xx99x00xてんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし1422.797.107.1461.00

“神経難病を含めて急性期から慢性期まで神経疾患全般に対応しています。脳卒中が大半を占め急性期治療ではt-PA治療を行い、脳神経外科と協力し24時間いつでも対応できる体制をとっています。また急性期リハビリから、近隣病院との脳卒中連携パスを利用し回復期のリハビリも積極的に進めています。
神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症等)や脳炎脊髄炎等の炎症疾患、末梢神経疾患、筋疾患、てんかん等の治療を行い、それに伴う合併症としての肺炎などの治療も行います。”

呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし472.813.340.0072.43
040110xxxxx0xx間質性肺炎 手術・処置等2なし3340.0918.840.0076.45
0400801499×002肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア22918.2815.173.4583.79
040040xx99040x肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし2319.619.590.0069.70
040081xx99x00x誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし2233.5020.844.5584.05

“肺炎などの呼吸器感染症、気管支喘息・間質性肺炎などのアレルギー・自己免疫疾患、喫煙による慢性閉塞性肺疾患、肺がんを中心とした悪性腫瘍などの多様な呼吸器疾患に対応しています。
気管支鏡検査では、近年普及してきた超音波内視鏡も併用した生検などの診断手技に加え、悪性腫瘍による気道狭窄に対する気道ステント治療や難治的気胸に対する気管支塞栓術などの治療も行っています。
急性呼吸窮迫症候群、間質性肺炎急性増悪などに対し、呼吸管理・薬物療法に加え、腎臓内科と協力し、免疫吸着療法も行っています。”

消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060100xx01xx0x小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし2202.132.630.0067.52
060340xx03x00x胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし958.199.792.1177.92
060020xx04x0xx胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし467.988.270.0074.30
060102xx99xxxx穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし367.367.650.0065.33
060020xx99x30x胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし305.336.390.0071.23

“胃がん・食道がん・大腸がんの早期発見と内視鏡切除、内視鏡を用いた総胆管結石・閉塞性黄疸の治療、肝疾患、炎症性腸疾患等、消化器疾患全般の診断、治療を行っています。”

循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx99100x狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし1123.053.010.0068.52
050130xx99000x心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし7022.8417.711.4382.24
050050xx02000x狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし424.604.400.0072.45
050210xx97000x徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし3011.3010.800.0081.97
050080xx99100x弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし233.095.690.0070.52

“急性心筋梗塞の緊急カテーテル治療、心臓カテーテル検査、心不全治療、不整脈治療等急性から慢性期の管理と多様な循環器疾患の診断治療を行っています。
心臓大血管リハビリテーションをほぼ全ての心臓血管疾患患者さんに入院初期から開始しています。
慢性期診療では地域連携パスを用いてかかりつけ医、地域診療所との連携医療にも力を入れています。”

小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030270xxxxxxxx上気道炎673.884.941.492.28
040090xxxxxx0x急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし664.776.191.523.11
100380xxxxxxxx体液量減少症503.109.130.003.76
140010x199x00x妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし448.166.170.000.00
040070xxxxx0xxインフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし394.085.732.563.33

“長野県北信地域で、小児科医を重点的に配置する「連携強化病院」に指定され「入院治療の必要な小児がいつでも入院できる体制を維持する」ことにより地域医療に貢献しています。
長野県の「地域周産期母子医療センター」に指定され、北信地域における周産期医療の拠点として「産科と協力し安全な出産の場を確保する」ことにより地域医療に貢献しています。”

外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060160x001xxxx鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等776.004.850.0070.08
060150xx03xxxx虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等436.005.450.0036.56
060035xx01000x結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし3415.1215.020.0074.00
060330xx02xxxx胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等288.366.370.0063.46
090010xx01x0xx乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし2312.2610.340.0064.26

“甲状腺、乳腺、食道、胃十二指腸、結腸直腸、胆道、膵臓、脾臓、肝臓、肛門からヘルニアまですべての分野に対応しています。
小児のヘルニア、虫垂炎等の手術にも対応しています。また緊急手術に関しても、24時間365日の体制で治療を行っています。”

整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等4955.3325.946.1281.41
160690xx99xx0x胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし3228.7519.406.2577.28
070230xx01xxxx膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等2037.5023.560.0074.30
160760xx97xxxx前腕の骨折 手術あり158.675.540.0055.67
160780xx97xx0x手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし4.11

“四肢の外傷、上肢の外科、関節外科に対応し、人工股間節、人工膝関節置換術、手根管症候群に対する開放術を行っています。
胸椎、腰椎の圧迫骨折において要因の一つでもある骨粗鬆症に対する薬物療法を行っています。”

形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080006xx01x0xx皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし104.407.900.0078.50
080010xxxx0xxx膿皮症 手術・処置等1なし1013.7012.550.0070.20
080006xx97x0xx皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) その他の手術あり 手術・処置等2なし10.28
020230xx97x0xx眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし3.10
160660xxxx0x0x皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 手術・処置等1なし 副傷病なし9.79

“身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し治療を行っています。外傷において機能を優先したうえで、形態的により正常、より美しく手術を心がけています。
専門外来では、リンパ浮腫外来、褥瘡外来において発症の予防、悪化の予防に努めています。
平成26年より乳房再建実施施設の認定を受け、保険診療の適応となったシリコン性の乳房インプラントを用いて乳癌術後の乳房再建を行っています。”

脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx99x00x頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし4015.757.345.0053.08
160100xx97x00x頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし3325.709.676.0679.36
010040x099000x非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし2531.6018.8140.0070.32
010060×2990401脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は21934.2116.1315.7975.84
010030xx9910xx未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし112.093.010.0066.64

“脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)や頭部外傷などの神経救急および脳腫瘍、さらには頭痛、てんかんなどの慢性的な疾患に対応しています。脳梗塞は脳神経内科と協力し24時間いつでも対応できる体制をとっています。rtPA(アルテプラーゼ)静注療法に加え、血管内治療の血栓除去術を行っています。”

心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050163xx03x0xx非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし1315.6911.757.6978.54
050050xx0111xx狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり1133.2727.970.0073.91
050080xx01010x弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし23.77
050163xx01x10x非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等21あり 副傷病なし28.02
050050xx0113xx狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等23あり42.03

“心臓病、大動脈疾患、末梢血管疾患に対する外科的治療を行い、一刻一秒を争う救急疾患にいつでも対応できる体制を取っています。
心臓弁膜症手術、冠動脈バイパス手術、心房細動に対するメイズ手術、大動脈瘤に対する手術、大動脈解離に対する手術、下肢虚血に対するバイパス手術、下肢静脈瘤手術、透析シャント術等を行っています。
また、大学病院の呼吸器外科の医師とも連携し、原発性肺癌の手術も行っています。”

皮膚科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080010xxxx0xxx膿皮症 手術・処置等1なし12.55
080100xxxx0xxx薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし10.81
080105xxxxx0xx重症薬疹 手術・処置等2なし15.64
180040xx99x0xx手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2なし9.89

泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110080xx991x0x前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし762.012.490.0069.67
110200xx02xxxx前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等287.508.520.0072.21
11013xxx06xxxx下部尿路疾患 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術等5.58
110310xx99xx0x腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし12.58
11012xxx97xx0x上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし7.38

“尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)と男性生殖器(前立腺、精のう腺)及び副腎の外科的治療を行っています。
前立腺疾患に対して、治療法の選択のために前立腺生検を行っています。
膀胱がんに対しては内視鏡を用いた経尿道的膀胱腫瘍切除術を行っています。
尿路結石に対しては体外衝撃波結石破砕術を安全のため1泊入院で行っています。”

産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120090xx97xxxx生殖器脱出症 手術あり328.538.650.0070.97
120200xx99xxxx妊娠中の糖尿病 手術なし264.965.590.0033.69
120060xx02xxxx子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等256.966.090.0046.88
120070xx02xxxx卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等227.006.210.0044.05
120140xxxxxxxx流産201.452.510.0034.15

“「周産期母子医療センター」として、通常の妊娠分娩症例から妊娠高血圧症候群などの産科合併症管理、耐糖機能異常などの合併症妊娠管理を行っています。
早産症例については、小児科と協力して対応しており、当院で対応困難な症例については、県立こども病院など県内の他の周産期センターと協力し対応しています。
婦人科良性疾患の開腹手術、腹腔鏡下手術から婦人科悪性腫瘍の手術、化学療法、放射線治療まで対応しています。
不妊症に関しては、一般的な検査、排卵誘発、人工受精までの治療を行っています。”

眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx97xxx0白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼362.002.780.0075.42
020220xx97xxx0緑内障 手術あり片眼285.507.530.0080.61
020160xx97xxx0網膜剥離 手術あり片眼9.33
020200xx9710xx黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし6.71
020200xx99x2xx黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等22あり2.49

“短期滞在の白内障手術が中心です。
緑内症に対する薬物療法や手術治療を行っています。
網膜剥離や糖尿病網膜症、黄斑円孔などの症例に対して硝子体手術を行っています。
加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫などに対しては、抗VEGF療法を行っています。”

耳鼻咽喉科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
030240xx99xxxx扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし176.475.455.8831.71
030350xxxxxxxx慢性副鼻腔炎179.596.800.0063.12
030400xx99xxxx前庭機能障害 手術なし157.535.010.0064.87
030428xxxxxxxx突発性難聴1412.148.930.0059.71
030390xx99xxxx顔面神経障害 手術なし9.13

“耳・鼻・咽喉頭・頚部に関わる症状、聴覚・平衡機能・味覚・嗅覚・嚥下などの機能に関すること、また頭頚部領域に外傷、出血、炎症、主要に関する診断・治療を行います。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 51 12 12 27 20 16 1 7,8
大腸癌 12 10 26 11 38 23 1 7
乳癌 21 14 1 8
肺癌 12 11 22 58 1 7
肝癌 17 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約当院に入院し、癌診療を受けた5つの代表的癌疾患(5大がん)の診療情報の指数です。

初発の5大がん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)の病期(Stage:ステージ゙)毎の患者数と再発で治療を受けた患者数を集計したものです。
病期とは、がんの進行度を示すもので、Ⅰ⇒Ⅱ⇒Ⅲ⇒IVとなり、StageIVが最も進んだ状態です。
UICC分類とは進行度を判定する基準として国際的に活用されている国際対がん連合(UICC)採用のがんの分類法です。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症2410.3357.88
中等症17421.4783.05
重症5427.8084.15
超重症1026.6083.30
不明00.000.00

普通の社会生活を送っている成人(15歳以上)が罹患した肺炎(市中肺炎)を重症度別の患者数、平均在院日数、平均年齢別に集計しています。
比較的若い方は軽症の肺炎で在院日数も短いですが、中等症以上は高齢で在院日数も長くなっています。

脳梗塞の患者数等

発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内19739.7679.9229.81
その他1133.0079.451.44

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K610-3内シャント又は外シャント設置術3411.5628.245.8874.41
K616-4経皮的シャント拡張術・血栓除去術175.473.065.8874.53
K6147血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)

消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)2420.111.120.0068.17
K688内視鏡的胆道ステント留置術662.918.306.0678.62
K6871内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの)541.307.190.0076.54
K6532内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)461.675.500.0074.30
K654内視鏡的消化管止血術230.358.000.0076.26

循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493経皮的冠動脈ステント留置術(その他)392.493.920.0073.21
K5492経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)170.0625.470.0064.65
K5951経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)171.002.410.0062.76
K5972ペースメーカー移植術(経静脈電極)172.249.120.0080.24
K5491経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)130.0018.850.0067.62

外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K634腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)581.143.880.0065.29
K672-2腹腔鏡下胆嚢摘出術461.206.760.0065.11
K718-21腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)430.164.840.0036.56
K6335鼠径ヘルニア手術341.062.650.0049.53
K719-3腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術253.6410.360.0074.32

整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)443.6647.802.2781.52
K0821人工関節置換術(肩,股,膝)241.9635.580.0074.21
K0462骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)153.4028.130.0059.00
K0811人工骨頭挿入術(肩,股)145.5047.6414.2978.50
K0732関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足)121.0010.420.0061.50

形成外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K013-21全層植皮術(25cm2未満)141.3612.210.0069.14
K0072皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
K0301四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹)
K016動脈(皮)弁術,筋(皮)弁術
K0152皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25?100cm2未満)

脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術415.4424.159.7680.54
K178-4経皮的脳血栓回収術100.0044.4060.0077.60
K1643頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
K1781脳血管内手術(1箇所)
K609-2経皮的頸動脈ステント留置術

心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K552-22冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上)1212.0823.750.0072.58
K5551弁置換術(1弁)
K5612ロステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈)
K5612イステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈)
K5606大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの))

泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)681.323.351.4776.97
K841-22経尿道的レーザー前立腺切除術(その他)201.005.700.0073.25
K783-2経尿道的尿管ステント留置術142.796.007.1484.64
K8412経尿道的前立腺手術(その他)
K7981膀胱結石,異物摘出術(経尿道的手術)

産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K877-2腹腔鏡下腟式子宮全摘術321.004.810.0047.53
K8882子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)241.214.630.0041.96
K9091ロ流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの)200.300.150.0034.15
K867子宮頸部(腟部)切除術180.001.060.0041.78
K877子宮全摘術161.389.006.2555.25

眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)360.001.000.0075.42
K2801硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)281.1812.140.0067.04
K2682緑内障手術(流出路再建術)220.682.090.0080.86
K2683緑内障手術(濾過手術)
K246角膜・強膜縫合術

耳鼻咽喉科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K340-5内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)121.007.920.0061.50
K3772口蓋扁桃手術(摘出)
K340-6内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術)
K368扁桃周囲膿瘍切開術
K309鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一631.03
異なる

この指標は、合併症について症例数と発生率を示しています。
入院の契機の「同一」とはその傷病名で入院した場合で、「異なる」とは後に発症した場合です。
「手術・処置等の合併症」の内訳として、処置に合併する出血及び血腫、術後の感染症、透析用シャントの閉塞などがあります。