about病院について

診療科一覧

泌尿器科

基本方針

泌尿器科は、尿路(腎臓、尿管、膀胱、尿道)と男性生殖器(前立腺、精巣)の疾患を扱います。
外科的治療を行うほか、腫瘍に対する抗がん剤治療、排尿障害や尿路感染症に対する薬物療法も行います。先進的・低侵襲治療に取り組む一方、患者本位の診療を目指していきたいと考えています。

診療の概要

3人の常勤医により診療を行っています。(午前中は外来、午後は主に手術と検査・処置)

(1)泌尿生殖器腫瘍

前立腺癌は近年増加傾向にあります。早期発見のため、PSA検査やMRI撮影、前立腺生検(1泊入院)を行っています。早期癌では手術や放射線療法、進行癌では内分泌療法や化学療法を行います。新規薬剤も次々登場し、生存率も延びています。
膀胱癌は、早期は内視鏡的切除術を行います。光力学的診断を用いて、術中により詳しい腫瘍同定が可能となりました。また、再発予防のために膀胱内注入療法(BCGなど)を行っています。進行癌では、膀胱全摘、尿路変向・再建術を行います。腎盂・尿管癌も手術や化学療法・がん免疫療法を行っています。
腎癌については、早期であれば腹腔鏡手術が可能です。小さい腫瘍では、部分切除術も可能です。進行・転移癌に対しては、分子標的治療やがん免疫療法を行っています。
その他、精巣腫瘍、副腎腫瘍、後腹膜腫瘍なども診療しています。
癌緩和治療にもかかわっています。

(2)排尿障害

前立腺肥大症に対し、レーザーを用いた経尿道的前立腺蒸散術(CVP)という、新しい術式を積極的に行っています(症例数は県内有数)。輸血することなく、短期の入院での手術が可能です。
また、過活動膀胱や尿失禁に対する薬物療法も行っています。ボツリヌストキシン注入療法も始めました。

(3)尿路結石

尿路結石治療については、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行っています(1泊入院)。砕石困難な結石に対しては、内視鏡による砕石術も行えるようになりました。

診療実績

平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度
外来延べ患者数9,443人9,866人9,763人10,265人10,913人
入院患者数295人290人370人348人346人

担当医師

杵渕 芳明(泌尿器科 部長)

日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本化学療法学会認定医
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医
厚生労働省緩和ケア研修会修了

平形 志朗(結石治療センター長)

日本泌尿器科学会専門医・指導医
厚生労働省緩和ケア研修会修了

北原 遼(泌尿器科)

厚生労働省緩和ケア研修会修了

専門医制度と連携した症例データベースについて

患者さん目線の良質な医療を提供するために、医療の現状把握として、『一般社団法人 National Clinical Database』(以下NCD)と連携し、データベース事業に協力しています。
詳細につきましては下記リンクのファイルをご覧下さい。