about病院について

診療科一覧

放射線科

基本方針

「私たちは地域住民のみなさんとともに信頼され、満足できる保健・医療・福祉の実現につとめます」という病院の基本理念に基づき、北信地域の基幹病院として高度医療、救急医療、健康管理活動における中心的役割を果たします。

豊かな心をもち、質の高い放射線診断(画像診断、IVR)、放射線治療を継続的に提供し、地域社会に貢献します。

診療の概要

1.放射線診断
  • 臨床各科の診療支援としてCT、MRI、核医学検査などの適切な画像提供及び読影レポート作成を行っています。
  • 院外からの画像検査依頼の対応、読影レポート作成を行っています。
  • 血管系IVR(透析シャント拡張術、肝がんのTACE、喀血の気管支動脈塞栓術、外傷や出血に対する動脈塞栓術など)やCTガイド下の膿瘍ドレナージや生検などの非血管系IVR、下肢静脈造影など診断目的の血管造影などを行っています。
2.放射線治療
  • 信州大学と群馬大学から週2回、非常勤医師に来て頂き、診察と放射線治療計画を行っています。
  • 6MVリニアックを使用しての放射線治療を毎日行っています。
  • スタンダードを基本とした外照射を行っています。

診療実績

平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度
外来延べ患者数2,585人2,699人2,411人2,533人2,273人
入院患者数

担当医師

伊藤 清信(放射線科 部長)

日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会専門医・指導医