about病院について

診療科一覧

脳神経内科

基本方針

神経難病を含めて急性期から慢性期まで神経疾患全般の診療に24時間体制で対応します。

脳卒中は脳神経外科とともに脳卒中センターとして診療します。

高度先進医療や研究レベルの診療は、信州大学脳神経内科、リウマチ膠原病内科との連携で進めます。

診療の概要

常勤医3名で診療しています。
外来は月曜日から金曜日まで交代で担当し、パーキンソン病を含めた神経変性疾患や、日常的な頭痛やめまい、痺れ等も対応しています。
専門外来として物忘れ外来を週1回行っています。

入院病床は36床で、一部療養型病床も利用しています。

主な疾患は、脳卒中が大半を占め、急性期治療ではt-PA治療を積極的に行っています。
さらに血栓回収療法も当院脳神経外科と共同で行っています。
急性期リハビリを行い、近隣の病院との脳卒中連携パスを利用して、回復期のリハビリも積極的に進めています。

また脳炎や脊髄炎等の炎症性疾患や、神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症等)、末梢神経疾患、筋疾患、てんかん等の入院治療を行っています。

神経難病の人工呼吸器療法のほか高齢化に伴い上記疾患の合併症としての肺炎などの入院治療も多いです。

診療実績

平成27年度平成28年度平成29年度平成30年度令和元年度
外来延べ患者数7,881人7,895人7,872人8,124人7,817人
入院患者数345人408人467人398人456人

担当医師

山嵜 正志(副院長 兼 脳神経内科部長)

日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
総合内科専門医・指導医
日本認知症学会専門医・指導医
厚生労働省緩和ケア研修会修了
信州大学臨床教授

増子 真嗣(脳神経内科)

日本内科学会認定内科医、厚生労働省緩和ケア研修会修了

森泉 輝哉(脳神経内科)