人工透析室

当院の人工透析室は47床あり、医師3名、臨床工学技士9名、看護師12名、看護助手1名で構成されています。また管理栄養士による栄養指導が定期的に行われています。
現在、人工透析を行っている患者様は約170名程いらっしゃいます。
月・水・金曜日は昼間・夜間透析を2クール、火・木・土曜日は変則3クールで行っています。

  1. 治療内容
    ・血液浄化療法
     HD、HDF、CAPD
    ・急性血液浄化療法
     CHF、CHDF
    ・血漿交換療法
     PEX、DFPP
    ・吸着療法
     活性炭吸着、ET吸着、ビリルビン吸着、免疫吸着療法
  2. 使用している装置・薬品
    ・ベッドサイドコンソール
     ・日機装社製
      DCS-26 : 23台
      DCS-27 : 7台
      DBB-72 : 8台
      DBB-73 : 2台
      DCG-02 : 5台
    ・透析供給装置
     ・日機装社製
      DAB-C : 2台
    ・粉末透析液溶解装置
     ・日機装社製
      DAD-30 : 2台
    ・中央監視システム
     ・日機装社製
      Future-Netv
    ・透析液
     ・日機装社製
      Dドライ2.5S
     ・味の素ファルマ社製
      カーボスター透析剤L
  3. 持続透析用装置
    ・ウベ循研社
     JUN-500
    ・旭メディカル社
     ACH-10
  4. シャントエコー装置
    ・ALOKA社
     ECHOCAMERASSD-1000
お問い合わせ
〒383-8505
長野県中野市西1丁目5番63号
JA長野厚生連 北信総合病院 臨床工学科
Tel.0269-22-2151(代表)
Fax.0269-22-2426
お問い合わせフォームはこちら