製剤室

製剤室の概要・特色

製剤室では、専任の薬剤師が注射薬や抗がん剤の適正使用の確認や院内製剤の調製などの業務を行っています。

  1. 抗がん剤の調製
    抗がん剤の投与は入院で行う場合と通院しながら外来で行う場合があります。抗がん剤のより安全かつ適正な投与を行うために、薬剤師がすべての抗がん剤の調製を行います。また、調製者は抗がん剤による被爆を防ぐために、安全キャビネットや適正な服装をして調製を行っています。

  2. レジメン管理
    レジメンとはがん薬物療法における抗がん剤および支持療法の投与量、投与スケジュール、治療期間などを示した治療計画です。そのレジメンに沿って抗がん剤の投与が適正に行われているか確認します。

  3. 中心静脈輸液の調製
    中心静脈栄養法は、経口摂取や経管栄養ができない場合等に中心静脈より高カロリー輸液などを投与します。この輸液は細菌汚染を防ぐために、クリーンベンチを使用し無菌的に調製を行っています。

  4. 院内製剤の調製
    院内製剤とは医療上必要でありながら市販品がなく、病院独自に調製している、特殊な製剤をいいます。医師の依頼に基づき、院内の承認を得て調製を行っています。
お問い合わせ
〒383-8505
長野県中野市西1丁目5番63号
JA長野厚生連 北信総合病院 薬剤部
Tel.0269-22-2151(代表)
Fax.0269-22-2426
お問い合わせフォームはこちら