病棟業務

病棟業務概要・特色

各病棟に専任の薬剤師を配置し、以下の業務を行うことで薬の適正使用に努めています。

  1. 薬剤管理指導業務
    入院患者さまのベッドサイドへ直接伺い、薬の効果や起こりうる副作用とその初期症状などを説明します。また、検査値、患者さまの訴えなどを確認し、副作用の発現がないかチェックします。
    退院時には、入院中に使用した薬の情報をかかりつけ薬局に連絡するためにお薬手帳を作成してお渡しし、退院後の薬を服用する上での注意点等を説明します。

  2. 持参薬確認
    入院時、持参薬の内容を確認し、相互作用や重複処方がないか、また手術や検査に影響する薬が処方されていないか等をチェックします。また、他院の薬で当院に採用されていない薬について、医師に代替薬の提案を行います。

  3. 処方提案
    薬の選択、腎機能に応じた投与量、投与方法、必要な投与期間などについて、薬剤師の立場から医師へ処方提案を行います。

  4. 薬剤情報提供
    病棟におけるスタッフおよび患者さまからの薬に関する問い合わせに対応します。また、医薬品情報担当者と協力し、医薬品の最新情報や使用上の注意などの情報提供を行います。

  5. 注射薬セット
    処方された注射薬の投与量、投与方法、相互作用をチェックし、患者さま毎に注射薬をセットし病棟へ届けます。

  6. 病棟における薬品管理
    患者さま毎にセットされた内服薬のチェック、病棟定数薬の確認等により、薬に関するリスクマネジメントを行います。
お問い合わせ
〒383-8505
長野県中野市西1丁目5番63号
JA長野厚生連 北信総合病院 薬剤部
Tel.0269-22-2151(代表)
Fax.0269-22-2426
お問い合わせフォームはこちら