院長ごあいさつ

地域創成の核となる病院をめざして

JA長野厚生連 北信総合病院 院長

 昭和20年、当時の困窮する農民たちが共同出資して長野県農業会北信病院を設立したのが私たちの病院の歴史の始まりであり、それ以来70有余年、当院は常に地域住民の皆さまとともに歩み、発展してまいりました。私たちの病院は、北信医療圏の基幹病院としての急性期医療をはじめ保健医療活動を通じ、地域の皆さまが安心して暮らせる環境に貢献することにあります。また、「地域創成の核となる病院をめざして」の理念のもと、医療ニーズに対応した中核病院として、地域創りへも貢献したいという思いもあります。
 当院はMRI、MDCT、ライナックなど高度医療機器・設備を完備して、最新の医療環境を整え高度の先進医療が提供できるように機能の強化を図ってまいりました。また、臨床研修指定病院、災害拠点病院、救急告示病院、僻地医療拠点病院、長野県災害派遣医療チーム指定病院、地域がん診療病院、周産期母子医療センター、リハビリテーション総合承認病院、人間ドック認定病院など数多くの指定・認定を受けており、病院としての総合的な医療機能も充実しております。このたび、県から認知症治療センターの指定を受けました。高齢化の進む当医療圏において認知症への対策は避けては通れません。認知症診療にも積極的に対応していく所存です。加えて、地域住民の皆さまの疾病予防の充実と健康ニーズに対応した保健予防活動も積極的に展開しており、訪問看護ステーションや附属診療所、老健施設を設置して、幅広い地域医療活動を通して、地域に貢献しています。
 私どもスタッフー同は、患者さんおよび検診者の皆さまのニーズにこたえ、「良質な医療の提供」「人が集まる病院」をモットーに、地域の人たちから信頼される病院、社会に貞献できる病院を目指し、職員一丸となって頑張ってまいります。今後とも、どうぞ変わらぬご支援のほど、宜しくお願い致します。


JA長野厚生連 北信総合病院 院長:洞 和彦