院長ごあいさつ

地域創成の核となる病院をめざして

JA長野厚生連 北信総合病院 院長

当院の歴史は、昭和20年に当地の困窮する農民たちが共同で出資し『長野県農業会北信病院』を設立したことから始まりました。以来、常に地域住民の皆さまとともに歩み、発展を遂げてまいりました。

当院は、北信医療圏の基幹病院としての急性期医療を担っており、その使命は「地域住民の皆さまに信頼され選ばれる病院であり続けること」「医療活動を通して地域に貢献すること」にあります。
その使命を果たすため、MRI・MDCT・ライナック等の高度医療機器・設備を完備するなど、最新の医療環境を整え、さらには、高度な先進医療が提供できるよう機能の強化にも取り組んでまいりました。当院は地域がん診療病院・臨床研修指定病院・日本医療機能評価機構認定病院・災害拠点病院・救急告示病院・長野県災害派遣医療チーム指定病院・リハビリテーション総合承認病院など、数多くの指定・認定を受けております。それらはつまり、当院の総合的医療機能がいかに充実しているか、という証でもあります。

くわえて、地域住民の皆さまの疾病予防の充実と健康ニーズに対応した保健予防活動の積極的な展開、そして訪問看護ステーション・附属診療所・老健施設の設置など、地域に深く貢献すべく幅広い地域医療活動を実施しています。


こうして地域の皆さまに支えにより歴史を刻み続けてきた当院ですが、このたび、さらなるご援助をいただき、新病院へと生まれ変わることになりました。建物を一新し、機能を充実させ、皆さまへの感謝の心を忘れずにこれまで以上に愛される病院へと進化・発展を遂げてまいりたいと考えています。

新病院の整備方針は、「地域創成の核となる病院をめざして」です。この言葉には、地域の医療ニーズに対応した中核病院として、「地域創りにもぜひ貢献したい」という私たちの強い思いが込められています。

現場を担うスタッフは皆、「良質な医療の提供」「人にやさしい病院」をモットーに、当院を頼ってくださる皆さまの期待に応えようと日々力を合わせ、努力を重ねております。そして、より良い病院創りを成し遂げ、皆さまのお役に立てるよう、これまで以上に頑張ってまいります。

今後とも、どうぞ変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。


JA長野厚生連 北信総合病院 院長:洞 和彦