地域がん診療病院として

地域がん診療病院指定として

 当院は、がんの診療や緩和ケアに取り組む「地域がん診療病院」の指定を国から受けております。北信地域の皆様に手術治療、放射線治療、薬物療法、緩和ケア等の標準的ながん診療を提供するとともに、医療体制がより整った「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けている長野赤十字病院との連携を強化し、地域医療の充実を図ってまいります。なお、より高度な治療を必要とする特殊ながん等につきましては、必要に応じて紹介のほか、紹介後の治療方針の検討にも参加いたします。また、放射線治療などを終えた患者さんが、当院に戻られるときには、円滑に受け入れられるようにもしてまいります。
 今後とも医療の質や、地域の患者さんの利便性をより高めてまいりたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。

» がん相談支援センター 詳細はこちら

地域がん診療病院とは

 厚生労働省は全国どこでも質の高いがん医療を提供できるよう、がん医療の均てん化をめざして、地域がん診療拠点病院を指定しています。しかし、すべてのがん種において集学的治療や標準治療の提供、放射線・化学療法・緩和ケアの提供、さらにセカンドオピニオン体制などを一病院単独で整えることは人的・施設的に困難な医療圏もあります。
 そのような医療圏の病院において、役割整分担の整備とがん診療連携拠点病院との連携がはかれ、かつ一定の医療体制が整った病院を「がん診療拠点病院」に指定しました。
 当院はすでに十分な医療体制を整えていたため、長野赤十字病院とのグループ指定による、長野県内で第1号の地域がん診療病院に認定されました。これにより当院のがん診療が一定の条件が満たされていたことが証明されたことになります。

地域がん診療病院として

 当院では長野赤十字病院とともに、がん化学療法についての合同検討会と、キャンサーボードと呼ばれるがん患者さんの治療方針を検討する会を合同開催しています。こうした連携を通じて、患者さんにとってより良い治療を検討してまいります。

沿革

年月内容
平成20年 5月 通院治療センター開設
平成22年 8月 がん相談支援センター開設
平成23年 5月 第1回PEACE研修会開催
(ファシリテーター9名,受講生27名)
平成23年10月 緩和ケア外来開設
平成23年12月 リンパ浮腫外来開設
平成24年11月 第2回PEACE研修会開催
(ファシリテーター8名,受講生17名)
平成25年11月 第3回PEACE研修会開催
(ファシリテーター8名,受講生27名)
平成26年11月 第4回PEACE研修会開催
(ファシリテーター7名,受講生16名)
平成27年11月 第5回PEACE研修会開催
(ファシリテーター8名,受講生25名)
平成28年10月 第6回緩和ケア研修会開催
(ファシリテーター8名、受講生24名)
平成29年11月 第7回緩和ケア研修会開催
(ファシリテーター8名、受講生16名)

「地域がん診療病院」としての「地域がん診療連携拠点病院」長野赤十字病院との連携について

 当院は平成27年4月より地域がん診療病院として、「地域がん診療連携拠点病院」である長野赤十字病院とのグループ指定を受けています。北信総合病院は長野赤十字病院と連携・協力しながら、地域のがん診療の充実を図っています。  今年度の連携状況は以下のとおりです。

  1. 合同総合キャンサーボードの開催
    お互いの紹介症例について検討し、連携・協力しながら治療にあたっています。現在は、長野赤十字病院の総合キャンサーボードへ当院のスタッフが参加するかたちで開催しています。
  2. 北信地区肺がん診療連携研究会の開催
    両病院呼吸器内科が中心となり近隣の病院と定期的に開催。治療の現状や症例の報告等を行っています。
  3. がん化学療法に関する委員会への参加
    長野赤十字病院の委員会に当院から出席し、レジメン(がんの薬物療法を安全に行うために薬の種類や量、方法などを時系列で示した治療計画書)の審査や情報交換を行い、標準的な化学療法を提供する体制を整えています。また、年1~2回程度は、長野赤十字病院のスタッフが当院の委員会に出席していただいております。
  4. 患者紹介による診療の実施
    検査や治療の紹介またはセカンドオピニオン等、両院が連携をとりながら診療していることを説明したうえで、患者さんご本人やご家族の意向を尊重させていただき対応しています。
  5. 『がん相談支援センター』がん専門相談員の情報提供
    日頃から連絡を取り合い、情報交換・情報提供をしています。がんのことなら"何でも""どなたでも"相談していただける相談窓口として両院とも力を入れています。
  6. 緩和ケア看護やがん相談に関する事例検討会の定期開催
    29年度から年1回、会場は持ち回りで開催しています。各病院の経験を共有し検討することで今後のケアに生かしています。
  7. 緩和ケア研修会への講師派遣
    当院主催の緩和ケア研修会に、長野赤十字病院から講師を派遣していただいております。
  1. 放射線治療部門の人材派遣・人材交流
    当院の診療機能確保のため、長野赤十字病院からの医師を派遣して頂いております。人材交流として、昨年に引き続き長野赤十字病院での院内研修に当院スタッフが参加します。

※キャンサーボード:手術、放射線療法及び化学療法に携わる専門的な知識及び技能を有する医師や、その他の専門医師及び医療スタッフ等が参集し、がん患者の症状、状態及び治療方針等を意見交換・共有・検討・確認等するためのカンファレンス(会議)のことをいいます。

北信総合病院 経営管理課

院内がん登録について

 当院では『院内がん登録』を行っております。当院で診断・治療されたすべての患者さんについて、がんの診断、治療、その後の経過に関する情報を収集し分析することで、がん診療の実態を把握して、がん診療の質向上に役立てます。
 院内がん登録は地域がん診療病院の指定要件でもあり、国で定められた様式に従ってがん登録実務者(国立がん研究センターの研修を終了し認定された診療情報管理士)が実施しています。登録したデータは国立がん研究センターへ提出しております。
 また長野県では2010年より『地域がん登録』が開始されているため、長野県在住の患者さんにつきましては、長野県地域がん登録室へデータ提出しております。
 2016年からはがん登録等の推進に関する法律に基づいて院内がん登録を実施しており、全国がん登録へのデータ提出が義務づけられました。
生存確認について
 すでに院内がん登録に登録されている患者さんの生存率を計算するために、生存状況を確認しています。当院では受診歴等で確認していますが、院内の情報で確認できない場合は、国立がん研究センターによる予後調査支援事業(住民票照会)により確認しています。
研究等の目的で、収集した情報を匿名化し資料提供を行うこともあります。
   参加中の研究の情報公開文書についてはこちらをご覧ください

がん登録で取扱う情報はきわめて重要な個人情報です。当院では個人情報保護方針に基づき厳重に取扱っておりますが、上記内容に同意しがたい事項がある場合には個人情報保護相談窓口(外来棟1階入退院窓口)へお申し出ください。
 院内がん登録の趣旨をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

北信総合病院 診療情報管理課

緩和ケア研修会(医療者向け研修)

北信総合病院在籍の『緩和ケア研修』修了医師
診療科氏名修了年月日その他
麻酔科 馬場 浩介 H23年5月22日 指導医
菱沼 典正 H26年 9月15日
小平 智文 H29年11月26日
外科 藤森 芳郎 H26年10月19日
篠原 剛 H25年11月17日 指導医
町田 水穂 H25年 7月 7日
消化器内科 山本 力 H26年10月19日
佐藤 淳一 H29年11月26日
久保田 大輔 H24年11月18日
宮澤 仁美 H25年11月17日
小林 聡 H29年5月1日
呼吸器内科 千秋 智重 H24年11月18日
安井 牧人 H28年10月16日
露木 俊 H29年5月1日
藤井 伸哉 H28年10月30日
循環器内科 金城 恒道 H23年 5月22日
産婦人科 長田 亮介 H25年11月17日
野池 雅実 H23年 5月22日
精神科 中澤 美里 H26年 8月31日 指導医
脳神経内科 望月 祐介 H27年11月 8日
脳神経外科 塚田 晃裕 H23年 5月22日
耳鼻咽喉科 内藤 武彦 H26年 9月15日
泌尿器科 平形 志朗 H29年11月26日
小児科 藤原 道雄 H29年11月26日
――― 猪俣 裕樹 H29年11月26日 研修医
――― 佐藤 詳 研修医
――― 田尻 正輝 研修医

緩和ケア研修とは・・・

 国のがん対策推進基本計画の「すべてのがん治療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得する」ことを目標とした指針に基づいた研修です。
 この研修を修了した医師は、痛みを始めとした、がんによる苦痛に対する緩和医ケアの知識、技能、態度を習得し、実践することができます。

お問い合わせ
〒383-8505
長野県中野市西1丁目5番63号
JA長野厚生連 北信総合病院
Tel.0269-22-2151(代表)
Fax.0269-22-2426
お問い合わせフォームはこちら