特殊歯科口腔外科

特色・特徴

当科では口腔外科疾患の治療、かかりつけ歯科医院では困難な有病者の歯科治療、入院中の患者さんの口腔ケアなどを行っています。
地域の医療機関から紹介を受けた方の診療を行なっておりますので、原則として紹介状が必要ですが、救急については随時受け入れます。

主な対象疾患

  1. 口腔外科疾患の治療
    親知らずや埋伏歯・過剰歯の抜歯
    顎口腔領域の良性・悪性腫瘍、嚢胞
    親骨骨折、歯の脱臼・破折など外傷の処置
    歯性感染症による顎骨炎や顎骨骨髄炎の消炎処置
    顎関節疾患(顎関節症・顎関節脱臼)
    口腔粘膜疾患(口腔扁平苔癬、口内炎、帯状疱疹、舌痛症、口腔乾燥症)
    神経疾患(三叉神経痛など)
    唾液腺疾患(唾液腺炎、唾石症、唾液腺腫瘍)
    睡眠時無呼吸症候群に対するマウスピースの作成
    デンタルインプラント(人口歯根)
  2. 基礎疾患を有する患者さんや抗血栓薬を服用している患者さんの抜歯・観血的歯科治療
  3. 全身麻酔や静脈内鎮静剤を併用した親知らずの抜歯、口腔症外科手術、歯科恐怖症患者の治療
  4. 入院患者の歯科治療(義歯の調整、齲蝕や歯周病などの応急処置)
  5. がん患者さん、入院患者さんなどの口腔ケア

※入院患者さん以外の一般的な歯科治療(むし歯・入れ歯の治療)は原則として行なっておりません。

主要な設備

・パノラマX線装置
・デンタルX線装置
・CT
・MRI
・頚部超音波装置

担当医師

  • 瀧沢 淳(特殊歯科口腔外科医長)
    日本口腔外科学会専門医
  • 鈴木 大介(特殊歯科口腔外科)