消化器内科

特色・特徴

消化器疾患一般の最新の先進医療を北信地区の地域医療の場で展開することを目指しています。
胃癌・食道癌の早期発見と内視鏡切除(粘膜切除術、粘膜下層剥離術)を積極的に行っております。
苦痛の少ない大腸内視鏡検査、早期癌であれば可能な限り、内視鏡切除を目指します。
内視鏡を用いた総胆管結石、閉塞性黄疸の治療は数多く行っています。
肝疾患、炎症性腸疾患といった専門性の高い疾患にも、専門医が最新の治療を行っています。

主な対象疾患

・食道疾患  ・胃・十二指腸疾患  ・C型肝炎   ・肝臓疾患  ・胆嚢疾患  ・胆道疾患     ・膵臓疾患  ・大腸疾患  など

関連する主要な設備

・胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸内視鏡、十二指腸用側視内視鏡
・超音波内視鏡
・ラジオ波焼灼装置(肝臓がんの治療装置)
・腹部超音波診断装置
・ヘリカルCT
・MRI

担当医師

  • 山本 力(診療部長 兼 消化器内科部長 兼 消化器センター長)
    日本内科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 佐藤 淳一(消化器内科 医長)
    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器内視鏡学会専門医
  • 伊東 英里(消化器内科医長)
    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 小林 聡(消化器内科医長)
    日本内科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本ヘリコバクター学会認定医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指定医
  • 久保田 大輔(消化器内科)
    厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 宮澤 仁美(消化器内科)
    日本内科学会認定医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 田尻 和男(消化器内科)
    日本内科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医