神経内科

特色・特徴

神経難病は神経内科では特に専門的疾患です。信州大学脳神経内科との協力体制を組んで診療内容を強化しています。

主な対象疾患

・頭痛、めまい、しびれといった日常的訴え
・多発性筋炎・筋無力症・筋ジストロフィーなどの筋疾患
・脳血管障害
・脳髄膜炎
・筋萎縮性側索硬化症
・パーキンソン病、脊髄小脳変性症
・アミロイドーシス
・多発性硬化症などの脱髄性疾患
・多発神経炎・ギランバレー症候群などの末梢神経障害
・認知症の診断

関連する主要な設備

・CT(3D-CT)
・脳波・誘発脳電位
・筋電図・末梢神経伝導速度
・MRI(MRangio)
・脳血流シンチ、MIBG心筋シンチ、ダットスキャン

担当医師

  • 山嵜 正志(副院長 兼 神経内科部長 兼 脳卒中センター長)
    日本神経学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、信州大学臨床教授
  • 高橋 佑介(神経内科)
    日本内科学会認定内科医
  • 赤川 優美(神経内科)