眼科

特色・特徴

現在、眼科常勤医師2名により眼科疾患全般に対して診療を行なっています。
手術は入院による白内障手術が中心です。網膜剥離や糖尿病網膜症、黄斑円孔などの疾患に対しては硝子体手術を行ないます。その他、緑内障手術、斜視手術なども行なっています。
近年、高齢者の視力低下の原因として問題になっている滲出型加齢黄斑変性についても、最新の検査機器を用いて診療しています。加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管に対する抗VEGF薬の硝子体内注射も当科で行ないます。
また、視能訓練士が2名勤務しており、弱視視能訓練などにも積極的に取り組んでおります。

主な対象疾患

  • 白内障
  • 緑内障
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜剥離
  • 糖尿病性網膜症
  • 黄斑円孔
  • 網膜動静脈閉塞症
  • 斜視・弱視

関連する主要な設備

  • 手術顕微鏡
  • 白内障手術装置
  • 硝子体手術装置
  • 眼内内視鏡
  • 網膜光凝固装置
  • 光干渉断層計
  • 共焦点走査型ダイオードレーザー検眼鏡

担当医師

  • 新井 純(眼科 部長)
    日本眼科学会専門医、日本網膜硝子体学会、日本眼循環学会、信州大学臨床教授
  • 榑沼 裕子(眼科)

診療の受付について

完全予約制のため、診察をご希望の方は平日午後2時から午後4時30分の時間帯に、お電話をしていただくようお願いいたします。なお、緊急の患者さんについては対応させていただきます。