泌尿器科

特色・特徴

老齢化に伴う尿路疾患の増加に対し、最新の外来・入院診療を行っています。尿路手術の経半を内視鏡下で施行し、また、泌尿器科腹腔鏡下手術も導入して、低侵龍かつ早期退院を図っています。近年急増している前立腺癌の早期発見・治療に努力しております。

主な対象疾患

・尿路性器癌(前立腺癌、陰茎癌、精巣癌、腎癌、腎盂尿管癌、膀胱尿道癌) ・尿失禁 ・尿路性器感染症、外傷 ・尿路結石症 ・尿路性器先天性疾患 ・前立腺肥大 ・副腎疾患に対する外科治療 ・神経因性膀胱 ・腎後性腎不全

関連する主要な設備

・尿路内視鏡装置(先端CCDファイバー) ・ 超音波診断装置(経腹・経直腸) ・ 尿流動態、尿路内圧測定装置 ・尿路内視鏡手術装置

担当医師

  • 水野 秀紀(泌尿器科 部長)
    日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 平形 志朗(泌尿器科 医長)
    日本泌尿器科学会専門医・指導医