患者さんの権利と責任

個人情報保護 患者さんの権利と責任

私達は患者さんの権利を尊重し、診療情報を患者さん自身に提供し、患者さんの理解と選択に基づき公正な医療を行うことができるようつとめています。
そこで以下のことを確認しながらよりよい医療をめざしていきます。

  1. 患者さんの権利
    1. ご自身に関して十分な説明を受けること
      患者さんはご自身の病名、検査結果などを含む症状、診療計画、看護内容、処置や手術、薬の作用と副作用について、必要な経費などについて十分理解できる言葉で納得するまで  説明を受けることができます。
      また、知らせてもらいたくないことはその希望は受け入れます。
    2. 病気の診断治療にあたっては患者さんの意思が十分尊重されること
      患者さんは自分の病気に関する十分な情報と医療従事者の提言と協力を得た上で、ご自分 の意思により検査、治療その他の医療行為を受けることを同意または拒否、変更することができます。
    3. 平等で公正な最善の医療を受けられること
      すべての患者さんは平等で公正な最善の医療が受けられます。
    4. 個人の秘密は十分に守られること
      患者さんの診療上の情報はその秘密が守られ、医療従事者以外の第三者には開示しません。
      個人の尊厳と個性を重視した治療を受けることができます。
  2. 患者さんの責任
    これら患者さんの権利を守り、発展させるために、患者さんは医療従事者と力を合わせて医療に参加する責任があります。
    又、他の患者さんの治療に干渉しない責任もあります。