産婦人科

特色・特徴

周産期センターとして、産科にNICUを併設し小児科との密接な連携のもと、ハイリスク妊娠・分娩・新生児管理も対応しています。また、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮脱といった良性の婦人科疾患に加え、子宮頚癌・体癌・卵巣癌の手術・化学療法・放射線療法も行っております。手術症例については腹腔鏡下手術を積極的に行っております。

主な対象疾患

・妊娠・分娩・新生児管理(ハイリスク妊娠・分娩、未熟児を含む)
・婦人科良性疾患(子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症等)
・婦人科悪性腫瘍(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌等)
・性器感染症
・不妊症(人工授精まで)
・更年期障害

関連する主要な設備

・超音波断層装置
・腹腔鏡手術装置
・MRI
・コルポスコピー
・子宮鏡
・リニアック放射線治療装置

お産に関する情報

里帰り出産母親学級帝王切開をされる方のための母親学級産後のお手伝いについては各ページをご参照下さい。

担当医師

  • 長田 亮介(産婦人科 部長)
    日本産科婦人科学会専門医、暫定指導医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
    母体保護法指定医
    日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
  • 野池 雅実(産婦人科)
    日本産科婦人科学会専門医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
    母体保護法指定医
  • 志村 隆行(産婦人科)
    日本産科婦人科学会専門医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 春日 裕美(産婦人科)