循環器内科

主な対象疾患

すべての心臓血管疾患。外科的治療が必要な例でも診断と手術適応の検討をして、心臓血管外科へ渡します。心臓血管手術後の慢性期管理も行います。

・虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)
・不整脈(心房細動、徐脈・頻脈)
・急性心不全
・慢性心不全
・急性大動脈解離
・心筋症
・大動脈瘤
・弁膜症
・閉塞性動脈硬化症
・感染性心内膜炎
・肺血栓塞栓症
・先天性心疾患
・肺高血圧症
・呼吸器疾患に伴う心疾患
・心血管疾患の危険因子管理(高血圧症、脂質異常症、軽症糖尿病)    など

関連する主要な設備

・CCU(心血管疾患集中治療室)
・心臓核医学診断装置(負荷タリウム心筋シンチグラム)
・長時間心電図モニター監視装置
・心臓カテーテル検査・治療室(心臓血管造影専用デジタル血管撮影装置)
・心エコー検査診断装置(経食道エコープローブ付き)
・冠動脈CT
・トレッドミル運動負荷心電図装置
・心肺連動負荷解析装置(CPX)
・3次元画像解析装置
・ホルター心電図解析装置
・24時間血圧測定装置

専門医と連携したデータベース事業について

 当院の外科では、患者さん目線の良質な医療を提供するために、医療の現状把握として、『一般社団法人 National Clinical Database』 (以下NCD)と連携し、データベース事業に協力しています。
 詳細につきまては下記リンクのファイルをご覧下さい。
NCDについて(PDF)(171.6KB)
NCD公式ホームページ(外部リンク)

担当医師

  • 渡辺 徳(副院長 兼 循環器内科部長 兼 循環器センター長)
    日本内科学会認定医・専門医・指導医、日本循環器学会専門医、日本高血圧学会専門医・指導医、日本心臓リハビリテーション学会指導士、日本体育協会公認スポーツドクター、信州大学医学部臨床教授
  • 金城 恒道(循環器内科)
    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医、日本循環器学会専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 清水 貴裕(循環器内科 医長)

その他

慢性心不全と虚血性心疾患は北信州地域の10市町村にある2つの病院と35の診療所と地域連携パスを使用して協力して診ていく体制を確立しました。北信州心臓病地域連携包括ケア推進協議会を通して医療・介護・福祉の協働に貢献しています。