病理診断科

特色・特徴

適切な治療のために適切な診断が必要です。「病理診断」は最終診断として大きな役割を果たします。

主な対象疾患

・細胞診断 ・生検組織診断 ・手術で摘出された臓器・組織の診断 ・手術中の迅速診断
・病理解剖

担当医師

  • 篠原 直宏(病理診断科 医長)
    日本病理学会指導医