腎臓内科

特色・特徴

当科は岩波新書「腎臓病の話」で推薦された数少ない腎臓病診療施設の一つです。地域の中核病院として、腎臓病領域および血液浄化療法のすべてに対し最善の治療をつくすことをモットーとしています。

主な対象疾患

・腎炎・ネフローゼ(原発性・続発性) ・多発性嚢胞腎(ADPKD)  ・透析合併症 ・急性および慢性腎不全 ・シャント異常 ・高血圧症 ・血液浄化療法 ・電解質・酸塩基平異常(血液透析、血液濾過透析、腹膜透析、血漿交換、血漿吸着、血液吸着)など

関連する主要な設備

・血液浄化装置

担当医師

  • 洞 和彦(院長)
    日本内科学会認定医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医・東京医科歯科大学臨床教授・信州大学医学部臨床教授・信州大学医学部委嘱講師
  • 上條 浩司(腎臓内科部長)
    日本透析医学会専門医・指導医、日本腎臓学会専門医、日本内科学会専門医、日本プライマリ・ケア連合学会指導医
  • 南 聡(腎・透析センター長兼血液浄化療法科部長)
    日本透析医学会専門医、日本腎臓学会専門医、日本内科学会認定内科医・総合内科専門医