外科

特色・特徴

外科で診る病気は主として、手術を必要とする食道から肛門までの消化器疾患と甲状腺腫瘍乳腺疾患、鼠径ヘルニアです。手術は縮小手術から拡大手術まで幅広く行っていますが、具体的には病気の進行度や全身状態、合併症、年齢などを考慮したうえで、最良の手術方法を選択しています。

主な対象疾患

・甲状腺腫瘍 ・食道癌 ・胆道癌 ・鼠径ヘルニア ・乳腺疾患 ・膵臓癌 ・胆石症
・胃癌 ・肝臓癌 ・虫垂炎 ・大腸癌 ・腸閉塞 ・肛門疾患など

関連する主要な設備

・ヘリカルCT ・ 腹腔鏡手術装置 ・ 超音波診断装置 ・胃内視鏡(電子内視鏡)
・MRI ・大腸ファイバー(電子内視鏡) ・ レーザー照射装置

専門医と連携したデータベース事業について

 当院の外科では、患者さん目線の良質な医療を提供するために、医療の現状把握として、『一般社団法人 National Clinical Database』 (以下NCD)と連携し、データベース事業に協力しています。
 詳細につきまては下記リンクのファイルをご覧下さい。
NCDについて(PDF)(171.6KB)
NCD公式ホームページ(外部リンク)

担当医師

  • 藤森 芳郎(外科 部長)
    日本外科学会専門医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本ヘリコバクター学会認定医、日本静脈経腸栄養学会認定医、日本がん治療認定医機構:がん治療認定医・暫定教育医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 山田 博之(消化器外科 部長)
    日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会認定医、日本がん治療認定医機構:暫定教育医
  • 篠原 剛(小児外科 部長)
    日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本小児外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会認定医・乳腺専門医、日本がん治療認定医機構:がん治療認定医・暫定教育医、日本乳がん学会乳腺、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 町田 水穂(外科 医長)
    日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本消化器外科学会専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本小児外科学会専門医、厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 奥村 裕士(外科)
  • 片岡 将宏(外科)