認定看護師紹介

皮膚・排泄ケア認定看護師 中村 令子

皮膚・排泄ケア認定看護師    中村  令子

私が皮膚排泄ケア認定看護師を目指したきっかけは、ストーマの管理に難渋し、排泄物の漏れや皮膚トラブルで悩む患者様を何人も見る中で、自分の知識不足、力不足を感じ、専門分野を確立せねばと思ったのです。病院はそのためのキャリアアップに対し応援してくれ、やりたいことを伸び伸びとやらせてくれる環境でもありました。 患者様に笑顔が戻る質の高い看護の提供を一緒に目指してみませんか。

小児救急看護認定看護師 丸山 さや香

小児救急看護認定看護師    丸山  さや香

私は子どもに関わることと、看護の仕事に興味があり、看護師になりました。
 ほんの少しの工夫と接し方の変化で泣いて嫌がっていた子どもたちが、がんばって処置を乗り切ることができるようになります。
 子どもたちの成長や発達の妨げにならないように、さらに苦痛を最小限に医療の提供が行えるよう看護を行っています。

認知症看護認定看護師    小林  理恵子

認知症看護認定看護師    小林  理恵子

認知症の方が、初期から終末期までのどの段階においても、自分らしく穏やかに過ごすためには、チームでの協働による援助が必要です。それには苦労もありますが、やりがいや喜びを強く感じることができると思います。
 私たちと共に、看護の楽しさを実感しつつ、看護師として人として、互いに高め合い、成長していきませんか。

訪問看護認定看護師 花岡 雅子

訪問看護認定看護師    花岡  雅子

看護師になることは、私の小さな頃からの夢でした。看護師として働く中で、訪問看護という看護に出会い、今はやりがいと楽しさを感じています。患者様やご家族の笑顔に支えられ、笑ったり泣いたりしながら、私も成長しています。
 看護師はそんな素敵な職業です。

感染管理認定看護師 田中 早苗

  感染管理認定看護師    田中  早苗

『感染』という視点から患者様や職員の安全を守ります。感染問題発生時は現場に向かい、患者様や現場に合わせた予防策をスタッフと見い出せた時ほど手ごたえを感じ、「よし!」と言いたくなるのです。現場と方向性を合わせ、共同した動きが取れた時、やりがいを感じるのだと思います。知識を高め日々の看護実践の積み重ねによって患者様が健康な生活を送る喜びを一緒に共有しましょう。

慢性呼吸器疾患看護認定看護師 町田 千晴

 慢性呼吸器疾患看護認定看護師    町田  千晴

慢性呼吸器疾患を持つ患者様の長期にわたる療養生活において、呼吸器特有のつらい症状の緩和や、患者様が希望を持ち安心して療養生活を送ることができる看護ケアの提供に取り組んでいます。キャリアアップの支援体制も整っています。自分自身も成長でき、患者様の「その人らしく」を支える看護を私たちと一緒に提供しませんか。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 小林 妙子

 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師    小林  妙子

突然、脳卒中を発症し後遺症を抱えながら日常生活に向けてリハビリを頑張る患者様に多く出会いました。治療だけが医療ではありません。生活や笑顔を取り戻すため、急性期から患者様や家族の気持ちに寄り添った看護を提供していく事が大切だと思っています。そんな看護を一緒に提供していきましょう。

慢性心不全看護認定看護師 辻 紀子

  慢性心不全看護認定看護師    辻  紀子

心不全は、あらゆる疾患の終末像と言われています。そして再入院率も高く、心不全で苦しむ患者様を何とか支えたいと思い、認定看護師として日々患者様と関わっています。
 当院は、患者様が自宅で安心して過ごせるように地域連携を進めています。一緒に疾患と共に生きる患者様を支える看護を提供しませんか。

救急看護認定看護師 児玉 慶子

  救急看護認定看護師    児玉  慶子

私は災害医療と救急看護をより深く学び、多くの知識を得るために認定看護師を目指しました。その学習で得たことは、看護学とは生涯学び続ける必要があるということです。
 当院は再構築にあたり、救急部門も更に強化され地域の救急医療の核になっていくと考えます。そのような期待に応えられるように、また患者様ご家族の方々に安心感を与えられるような救急看護を一緒に目指し、共に学んでいきませんか。

緩和ケア認定看護師 徳竹 京子

  緩和ケア認定看護師    徳竹  京子

緩和ケアとは、重い病を抱える患者さんやそのご家族一人一人の、身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことを言います。患者さんやご家族のお話をお聞きし、その方が大切にしている生き方や希望がかなえられるようなお手伝いをしたいと思っております。気軽にお声をおかけください。

糖尿病看護認定看護師 阿部 一真

糖尿病看護認定 看護師 阿部 一真

知っていますか?現在日本人の4人に1人が糖尿病もしくはその可能性が高いと言われています。今や皆さんの家族に1人は糖尿病の人がいてもおかしくはない状況なのです。
 糖尿病についてどんなイメージをお持ちですか?食事制限、インシュリン、合併症...?実は、糖尿病は自分自身が主治医になれる病気なのです。日頃の自己管理がなによりも大切です。
 認定看護師として私が大切にしている言葉は「糖尿病に勝つことはできない。しかし、負けないことはできる。」です。 その言葉を胸に、患者さんと一緒に考え、悩み、歩んでいきたいと思っています。