不整脈手術

不整脈手術

心房細動、心房粗動に対し、メイズ手術を行っています。心房細動(粗動)は脈が不規則となり、動悸発作や息切れを伴ったり、脳梗塞の原因にもなる不整脈です。本来心臓のリズムは規則的な電気信号波が伝わることにより、整えられていますが、信号波が異常な伝わり方を起こすために不規則な脈を起こすとされています。その伝導路をメスやハサミで、あるいは現在では多くの部分を直接切らずに高周波で焼き切ることにより、規則正しい脈を取り戻す手術です。残念ながら成功率は70~80%であり、単独でこの手術を行うことはなく、冠動脈バイパス手術、弁膜症の手術等他の心臓手術と組み合わせて行います。しかし、心房細動から正常な脈に戻すことができれば、動悸、息切れの不快感より解放され、脳梗塞予防のための抗凝固薬を飲まなくても良いようになり、そのメリットもけっして少なくはないものです。