冠動脈バイパス手術

冠動脈バイパス手術

狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患に対しては、バイパス手術も選択肢の一つになっています。冠動脈バイパス手術の目的は、狭くなったあるいは塞がってしまった心臓の血管(冠動脈)に患者さん本人の胸壁・胃・腕・脚から別の健常な動脈ないし静脈を取ってきて、新たな血液の通り道を作ることです。この健常な血管を狭くなった(あるいは完全に塞がってしまった)場所を飛び越えてつなぐことにより、血流の悪くなった心臓の筋肉に再び酸素をたっぷりと含んだ動脈血を流すことができるのです。狭く混雑した道路を避けるバイパス道路を建設するのと同じことです。
以前は血管を縫いつけるのに心臓を止めて行っていましたが、その間人工心肺を取り付け、心臓への血流を止めなければならず、それにより起こりうる合併症を避けるため、心臓を動いたままで(心拍動下)手術を行うことも可能となっています。当院は心拍動下手術は国内でも初期の頃より導入を行い、この手術の第一選択としています。