弁膜症状手術

弁膜症状手術

心臓には4つの部屋があり、それぞれの入口ないし出口に全部で4つの弁があり、血液がスムーズに流れ、さらに逆流防止するのがその役目です。弁が病気の状態(弁膜症)になると、心臓での血液の流れに支障が起き、心不全を起こす原因ともなり、手術による治療が必要となる場合があります。病気になった弁の手術治療は通常、修復するか、新しい良い弁(人工弁)と換えるかのどちらかです。大動脈弁の場合は、大抵は人工弁での置換が必要となります。僧帽弁、三尖弁は可能であれば修復を行うことが第一選択です。しかし、どうしても修復ができない場合もあり、その時には人工弁による置換術を行います。現在人工弁には、機械弁と生体弁(ウシやブタ由来)の2種類があります。いずれにも長所、短所とあり、主に年齢などの要素を考慮して、個人個人に適した人工弁を選択します。