麻酔科

目的

【一般目標】(GIO)

  • 術前・術中・術後の患者の全身状態を評価した手術の麻酔、ペインクリニックの外来・入院、緩和ケアに携わることにより麻酔科専門医の取得に必要な知識・技術の習得を目指す。
  • 手術麻酔を中心とする周術期管理を経験し、チーム医療に参加し指導ができる。
  • 麻酔科医として麻酔科専門医を取得する。
  • 地域医療を理解し、実践できる。

【行動目標】(SBO)

  • ・全身麻酔管理を中心とした術前・術後の管理に必要な知識と技術を習得し、チーム医療の一員として、患者の安全な周術期管理を指導できる。
  • ・痛みの緩和に対して、麻酔の知識・技術を利用することができる。
  • ・病院の行事に積極的に参加し、保健・医療・福祉について理解し実践できる。

手術麻酔管理

モニター 循環状態の評価と管理 スワンガンツカテーテル 留置手技の習得と値の評価
中心静脈カテーテル
(内頸、鎖骨下、大腿、静脈)
留置手技の習得と値の評価
体外心エコー 手技の習得と評価
経食道心エコー 手技の習得と評価
心電図モニター 12誘導の評価
動脈圧モニターカテーテル
(橈骨、足背、側頭、大腿、動脈)
留置手技の習得と値の評価
中枢神経モニター EEG
(Electroencephalography)
集中治療での評価を経験する
ABR
(Auditory Brain-stem Response)
麻酔中の装着と術中の評価
集中治療での評価を経験する
SEP
(Somatosensory Evoked Potentials)
麻酔中の装着と術中の評価を経験する
ENoG(Electroneurography) 顔面神経麻痺の診断評価
呼吸機能モニター 血液ガスモニター 動脈血液の採取と値の評価
フローボリューム測定
(検査室・外来簡易モニター)
測定方法の理解と測定値の評価
体温モニター 前頭部深部温度 モニターの装着と評価
鼓膜温 モニターの装着と評価
膀胱温 モニターの装着と評価
直腸温 モニターの装着と評価
呼吸モニター 経皮的酸素分圧モニター モニターの装着と評価
呼気終末二酸化炭素モニター モニターの装着と評価
気道管理 気道確保 経口挿管 手技の習得
経鼻挿管 手技の習得
気管切開 通常の手技と緊急時のセルジンガー方式の習得
ラリンジアルマスク 手技の習得
挿管困難例の気道確保 気管内視鏡による挿管 経験する
トラキライトによる挿管 経験する
特殊喉頭鏡による挿管
(マッケ、気管支鏡)
経験する
経皮的逆行性挿管 経験する
麻酔方法 全身麻酔    
全身麻酔薬 揮発性麻酔薬
(イソフレン)
導入・維持・覚醒を経験取得する
揮発性麻酔薬
(セボフルレン)
導入・維持・覚醒を経験取得する
静脈麻酔薬
(チオペンタール)
導入・維持・覚醒を経験取得する
静脈麻酔薬
(プロポフォール)
導入・維持・覚醒を経験取得する
その他の全身麻酔薬 教科書より知識を得る
鎮痛薬 笑気 揮発性麻酔薬や静脈麻酔薬と併用する
鎮痛薬
(モルヒネ)
導入・維持・術後使用方法を経験・習得する
鎮痛薬
(フェンタニール)
導入・維持・術後使用方法を経験・習得する
鎮痛薬
(レミフェンタニール)
導入・維持・術後使用方法を経験・習得する
筋弛緩薬 筋弛緩薬
(サクシニルコリン)
使用方法を経験・習得する
筋弛緩薬
(ベクロニウム)
筋弛緩モニターを利用した使用方法を経験・習得する
筋弛緩薬
(ロクロニウム)
筋弛緩モニターを利用した使用方法を経験・習得する
局所麻酔 脊椎麻酔 穿刺部位・局所麻酔使用量による麻酔レベルの調節を習得する
硬膜外麻酔 手術部位に一致した麻酔レベルの調節を習得する
全身麻酔に併用した術後鎮痛を兼ねた留置と使用法の習得
伝達麻酔
(神経刺激装置使用、エコーガイド下)
腕神経叢ブロック(斜角筋間法) 経験し習得する
腕神経叢ブロック(腋下法) 経験し習得する
腕神経叢ブロック(鎖骨上窩法) 経験し習得する
オーベルスト 経験し習得する
足首ブロック 習得する
静脈内ブロック 習得する
閉鎖神経ブロック 習得する

集中治療室(ICU)

主に術後の患者の治療に参加することにより、手術侵襲や麻酔の影響を知り、周術期管理にフィードバックする。

人工呼吸管理 人工呼吸の方法について知る 人工呼吸器の装着と設定を行い、状況に応じて設定を変更する
人工呼吸器の病態に合わせた設定方法を学び経験する 教科書による知識習得と実践
血液ガスの読み方を学び、呼吸器の設定に活かす 教科書による知識習得と実践
ウィーニングをし、気管内挿管チューブの抜管までの流れを習得する 教科書による知識習得と実践
体液の管理 術中・術後の体液の出入りを経験する 術後の経過を観察することにより利尿期について学ぶ
術後痛の管理 痛みによる軽減  
病態に応じた栄養管理 経管栄養の方法 栄養剤の種類と使用方法を学ぶ
輸液による栄養管理 アミノ酸・炭水化物・脂質の3要素による栄養管理を学ぶ
集中治療室収容患者の状態の把握とケア ICU症候群(せん妄) 精神状態の変化を経験し、それに対する対処法を学ぶ
CPR(心肺蘇生法)の習得 心肺蘇生法のエキスパートを目指す ACLSの資格取得を通じて理論・技術を習得する
救急外来への参加により、習得技術の確認を行う

ペインクリニック・緩和ケア

外来・入院管理を通じて以下の疾患について経験する。

神経因性疼痛 帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
複合性局所疼痛症候群(CRPS)
救心路遮断性疼痛
三叉神経痛
頭痛・顔面痛
(神経因性頭痛を除く)
 
耳鼻科・眼科疾患
(顔面神経麻痺など)
 
筋骨系疼痛
(頚肩上肢痛・腰下肢痛)
 
末梢血行障害・多汗症  
がん性疼痛  

外来・入院管理を通じて以下の治療法を経験する

星状神経節ブロック
三叉神経ブロック
硬膜外ブロック
くも膜下ブロック
胸・腰部交感神経節ブロック
内臓神経ブロック(腹腔神経叢、上下腹神経叢)
神経根・末梢神経ブロック
薬物療法
脊髄硬膜外通電法

他、日本麻酔化学会教育ガイドラインに基づく。

診療科概要

  • 手術室 : 6部屋
  • スタッフ : 麻酔指導医2名、専門医1名
  • 手術対象科 : 脳外科、眼科、心臓血管外科、乳腺・甲状腺外科、呼吸器外科、消化器外科、整形外科、泌尿器外科、産婦人科、形成外科、耳鼻咽喉科
      (臓器移植、新生児麻酔は扱っていません)

平成26年度スタッフ

馬場 浩介 (副院長) 日本麻酔科学会指導医
萩原 一昭 (部長) 日本麻酔科学会指導医
城下 裕子 日本麻酔科学会専門医

2013年手術室実績

麻法 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 総計
78 74 82 78 90 76 85 90 89 108 137 102 1089
15 18 17 34 22 23 25 23 26 13 20 18 254
1 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 5 9
局他 76 88 89 84 71 67 92 82 65 84 88 80 966
総計 170 181 188 197 184 166 202 195 180 205 245 205 2318