循環器内科

目的

【一般目標】GIO

循環器疾患を急性期から慢性期まで診断・治療できる基本診療能力を習得する。
同時に、内科診療の総合的能力の向上を図る。

【行動目標】SBO

  • 1年目
    総合内科外来と内科当直を行い、一般的な内科疾患に対する適切な診断とプライマリ・ケア、他の専門科へコンサルトが出来る。循環器疾患の入院患者の診察を行い、検査・治療の指示を適切に出すことが出来る。
  • 2年目
    循環器疾患の外来患者の診察を行い、検査・治療の指示を適切に出すことが出来る。循環器疾患検査を自ら計画・施行し、診断できる技術を向上させる。基本的循環器疾患治療薬を使いこなせる。初期臨床研修医の基本指導が出来る。
  • 3年目
    他科からの循環器疾患・外科手術患者のコンサルトに対して、適切な対応が出来る。侵襲的検査・治療の術者として診療にあたることが出来る。循環器疾患の専門診療を予防から予後改善まで一貫して行うことが出来る。循環器専門研修の1年目研修医の基本指導が出来る。

研修日程

後期臨床研修プログラム ローテーション例

通年4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年循環器内科消化器内科心臓血管外科腎臓内科
2年循環器内科
3年循環器内科

回診
循環器抄会読会
回診回診
内科合同抄読会
回診回診回診
午前病棟/心エコー検査外来病棟/RI検査外来病棟/運動負荷検査当番制
午後心カテペースメーカー外来心カテ心カテ心カテ
心エコー
カンファレンス
心エコー
カンファレンス
循環器
カンファレンス
心エコー
カンファレンス
内科合同
カンファレンス
心エコー
カンファレンス
心エコー
カンファレンス
  • 勉強会
    月曜日朝:循環器内科論文抄読会
    火曜日夕方:循環器内科カンファレンス
    水曜日朝:内科合同論文抄読会、水曜日夕方:内科合同カンファレンス
  • 学術活動
    日本循環器学会、日本内科学会への参加とそれらの地方会での症例発表を年に2回程度行う。
  • 評価
    日本内科学会認定医の資格取得
    日本循環器学会認定循環器専門医研修カリキュラムに従った達成目標の確認
    日本循環器学会専門医資格取得のための症例と診療実績の確認

診療科の概要

循環器内科は日本循環器学会専門医3名、専門修練医1名の合計4名で循環器内科診療にあたっています。西4階病棟に循環器センター(48床)、西2階病棟内にICU・CCU(12床)を有し、救急入院から心血管疾患インターベンション治療や心臓血管外科術後患者の集中管理を循環器内科専門医と心臓血管外科が力を合わせて行っています。心臓血管外科の常勤専門医は2名で週に1例以上の心臓・胸部大血管手術を行っています。IABPはもちろん、PCPSもいつでも稼働可能であり、緊急CABG手術、大血管の緊急手術にも対応しています。 1989年に開設されたCCUは厚生労働省の基準を満たした正規の運用を行う長野県内でも数少ない充実したスタッフと施設を誇ります。看護師・臨床検査技師・臨床工学士・薬剤師・リハビリなどのコメディカルスタッフも長年鍛えられた知識と技術を引き継いで循環器センター診療チームを発展させています。外来診療は内科外来の一部で循環器内科と心臓血管外科の診察を行っており、相互に補完しながら診療を行います。循環器内科では1日あたり70人以上、年間では約2万人の外来患者を診察し、年間600人以上の入院患者を受け入れています。 心臓カテーテル検査は年間約400例行っています。治療は経皮的冠動脈インターベンション治療PCIを80件以上、恒久型ペースメーカー植込み術は約20件、カテーテルアブレーション治療は約10件など、その他適応が限られるICD, CRT-Dの植込み術も可能であり、関連施設の専門医と伴に行っています。 非侵襲的検査では年間3000件以上の心エコー検査、500件以上の心臓核医学検査(多くはタリウム心筋シンチグラム)と長野県内でも有数の実績を持ちます。

施設認定

  • 日本循環器学会専門医研修施設
  • 日本内科学会認定医教育施設

指導責任者

渡辺 徳(循環器内科部長)
日本内科学会専門医・指導医
日本循環器学会専門医
日本高血圧学会専門医・指導医

責任者コメント

 北信州唯一の基幹病院である北信総合病院の中で、循環器内科は地域の第一線診療をプライマリ・ケアから日本の標準的専門診療までを行っています。どんな患者さんでも診断から治療まで一貫して取り組み解決してゆく姿勢が身につきます。すなわち、救急医療での失神・胸痛の診断から心臓血管外科と連携した重症患者の治療まで充実した循環器内科基礎研修が行えます。さらに高度な研修を希望される場合には、信州大学医学部附属病院など研究機関にもローテーションして幅を広げることができます。