放射線科

目的

【一般目標】GIO

  1. 初期臨床研修プログラム終了後、放射線科専門医資格取得のための研修。
  2. 放射線科専門医資格は、一次試験:放射線診療全般(診断、核医学、治療)、二次試験:(診断・核医学、あるいは治療のどちらかの専門を選択)合格後取得できる。
  3. 他の臨床科をめざす医師の短期間の画像診断研修の受け入れも行う。
  4. 日本医学放射線学会の主催する学術集会や研修会に可能な限り出席してもらい、up to dateな知識の修得に努めてもらう。

【行動目標】SBO

(一般)

  1. 放射線科診療一般に関する基礎知識、手技を取得し、適切な画像診断および処置を行える。
  2. 医療チームの一員として、技師、看護士、他の職員と迅速に必要情報の授受ができる。
  3. 放射線生物学、物理学の基礎知識を習得できる。
  4. 放射線被曝防護に関する基本的知識を取得し、医療従事者、患者さんの被曝を軽減できる。

(診断・IVR)

  1. CT,MRI,核医学検査などの画像診断装置の原理を理解できる。
  2. CT,MRI造影剤の適応・作用・副作用・禁忌を理解できる。
  3. 造影剤の副作用の初期救急に対処できる。
  4. 各種画像検査において病変を指摘し、鑑別診断を行う専門的能力を身につける。
  5. 各種画像の読影および画像診断レポートの作成能力を身につける。
  6. 各種画像検査、IVRの適応、方法ならびに放射線障害予防について理解し、実施できるようになる。

研修日程

後期臨床研修プログラム ローテーション例

通年4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年放射線科
2年放射線科
3年放射線科

症例検討放射線治療
カンファレンス
症例検討症例検討症例検討
午前読影血管造影・IVR放射線治療血管造影・IVR血管造影・IVR当番制
午後血管造影・IVR読影血管造影・IVR読影血管造影・IVR
夕方症例検討呼吸器
カンファレンス
症例検討症例検討症例検討

学術活動

  • 放射線科関連の各種学会、研究会などへの参加及び発表
  • 院内の各種勉強会、集談会などへの参加及び発表

評価

  • 自己評価
  • 指導医による評価

主な設置放射線機器

  • CT2台(16列マルチスライス、シングルヘリカル)
  • MRI2台(1.5T 1.0T)
  • DSA1台
  • シネアンギオ1台
  • ガンマカメラ2台
  • リニアック1台
  • PACS モニター診断
  • ディクテーション(口述筆記)対応

施設認定

  • 日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
  • 日本核医学会専門医教育病院

指導責任者

伊藤 清信(放射線科部長)
日本医学放射線学会(専門医)
日本核医学会(専門医)