信州型総合医

目的

【一般目標】(GIO)

  • ・内科の各領域、小児科、救急医療を中心に、その他の科も含め研修を行い、総合的かつ専門的診療能力、技術を習得し、地域中核病院で総合診療医として、あるいは診療所の診療に当たることを目標とする。また信州の地において地域医療の専門職として他職種や機関と連携しリーダーシップを発揮できるようになることを目標とする。
  • ・日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門医取得を目指す。または内科系専門医を目指す場合は研修期間中に日本内科学会認定内科医を取得する。さらに研修期間を延長すれば日本内科学会総合内科専門医が取得可能である。いずれの場合も日本医師会認定産業医、健康スポーツ医が取得可能である。

【行動目標】(SBO's)

  • ・1年目
    総合外来で外来診療を実施することによりCommon Diseaseの診療能力の向上をはかるとともに、上級医として初期研修医に診療の指導をすることができる。
    6ヶ月間内科専門科(循環器、呼吸器、消化器、腎臓内科、神経内科)ローテートを必修とすることにより、専門領域の疾患を経験し理解を深める。
    認定内科医取得に必要な症例を経験する。
  • ・2年目
    日本内科学会認定内科医の取得を目指す。
    小児科の外来・入院を担当するとともに予防接種を適切に実施することができる。
    住民健康審査に参加し、地域住民に対し保健指導ができる。
    学生・地域住民向けに健康教育を実施することができる。
    日本内科学会地方会またはプライマリ・ケア連合学会地方会の発表を目指す。
  • ・3年目
    救急研修として信州大学医学部附属病院高度救命救急センターにおいて3ヶ月間研修を行い三次救急の経験を積む。また、3年間を通じ救急外来での日当直を担当することにより、一次・二次救急疾患を経験する。
    医師会、行政、福祉・介護機関との連携会議等に参加することにより、介護保険の理解とケアマネージャーを始め他職種との連携を取ることができる。またその中心的役割を担うことができる。
    日本内科学会総会またはプライマリ・ケア連合学会総会の発表を目指す。
    指導医の指導のもと、学術論文を作成し学術誌に投稿することを目標とする。
  • ・4年目以降
    本人の希望を最大限に取り入れられるよう、本人・長野県・病院で相談し進路を決定する。

取得可能な資格

  • 日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医受験資格
  • 日本内科学会認定内科医(最短で4年目に取得可能)
  • 日本内科学会認定内科医取得後3年で総合内科専門医受験資格
  • 日本内科学会認定内科医取得後3年で高血圧専門医受験資格
  • 日本医師会認定産業医、健康スポーツ医

研修可能な施設

  • JA長野厚生連北信総合病院
  • JA長野厚生連北信総合病院附属北信州診療所
  • 老人保健施設もえぎ
  • 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター

研修日程

信州型総合医後期臨床研修プログラム ローテーション例

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年 総合外来
(北信総合病院)
内科
(北信総合病院内科専門科より選択)
2年 診療所
(北信州診療所)
その他
(北信総合病院)
小児科
(北信総合病院)
3年 救急
(信州大学高度救命救急センター)
その他
(北信総合病院)
診療所
(北信州診療所)

内分泌代謝科は外来診療を中心に研修を行う。(常勤医師不在のため)
実際のローテーションの順番、期間は日本プライマリ・ケア連合学会の規定範囲内で、研修開始時にプログラム責任者、指導医と話し合い決定する。

勉強会

水曜日朝:内科合同論文抄読会、水曜日夕方:内科合同カンファレンス、毎月第3金曜日:キャンサーボード
各科カンファレンス、抄読会、勉強会・検討会他多数

学術活動

日本内科学会および日本プライマリ・ケア学会等これら学会の地方会へ積極的に参加するとともに、研修期間中に2回程度を目標に発表を行う。
学術誌に論文を投稿する。

診療科概要

  平成27年度実績
外来患者 249,089人
入院患者 131,922人
救急車受入 2,714件
救急外来受診者 12,181人
手術 2,665件
分娩 458件

認定施設

  • 日本プライマリ・ケア連合学会(後期研修プログラム)
  • 日本内科学会認定医教育施設
  • 日本外科学会認定施設 他多数

指導医

プログラム責任者

田尻 和男 副院長
  (日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医)

各科責任指導医

循環器内科 渡辺 徳 部長
(日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本循環器学会専門医)
呼吸器内科 千秋 智重 部長
(日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本呼吸器学会専門医)
消化器内科 山本 力 部長
(日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医)
腎臓内科 上條 浩司 部長
(日本内科学会総合内科専門医、日本腎臓学会専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医)
神経内科 山嵜 正志 部長
(日本神経学会専門医・指導医)
小児科 久保 徹夫 部長
(日本小児科学会専門医・指導医)
産婦人科 長田 亮介 部長
(日本産婦人科学会専門医)
麻酔科 馬場 浩介 医長
(日本麻酔科学会専門医・指導医)
プライマリ・ケア 曽根 進 北信州診療所長
(日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医)
プライマリ・ケア 下山 丈人 介護老人保健施設もえぎ施設長
(日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医)
プライマリ・ケア 金城 恒道 循環器内科医長
(日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医)
外科 藤森 芳郎 部長
(日本外科学会専門医)
整形外科 荒井 信博 部長
形成外科 城下 晃 医長
(日本形成外科学会専門医)
脳神経外科 塚田 晃裕 部長
(日本脳神経外科学会専門医・指導医)
呼吸器外科 小林 宣隆 医長
(日本外科学会専門医)
心臓血管外科 吉田 哲矢 部長
(日本胸部外科学会専門医・指導医)
精神科 中澤 美里 医長
(日本精神神経学会指導医、精神保健指定医)
皮膚科 石原 八州司 部長
(日本皮膚科学会専門医)
泌尿器科 水野 秀紀 部長
(日本泌尿器科学会専門医・指導医)
眼科 新井 純 部長
(日本眼科学会専門医)
耳鼻咽喉科 内藤 武彦 医長
(日本耳鼻咽喉科学会専門医)
放射線科 伊藤 清信 部長
(日本医学放射線科学会専門医)
病理診断科 篠原 直宏 部長
(日本病理学会専門医)
救急科 今村 浩 教授 (信州大学医学部附属病院)
(日本救急医学会専門医・指導医)